• モニターと女性
  • 会議室

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カレンダー

2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

傾向について

キーボード

テレビ会議やWeb会議のシステムは、国内の遠隔地もしくは海外の拠点とのやり取りに便利なツールとなっている。
テレビ会議とWeb会議は同じようなもとの捉えられるが、違いがある。
まずはテレビ会議では、高精細カメラなどを会議室などに設置し、映像および音声での会話を行うシステムになる。
一般的には、テレビ会議では画質は高画質なものを使用し、会議室などに専用のシステムを設置し、大人数での会議などにも用いられることが一般的となっている。
通常は専用の回線を用いてやり取りが行われるため、高精細の映像でもスムーズにやり取り行える場合が多くなっている。
一方のWeb会議は、ブラウザを用いて、映像および音声に加え、チャット機能や資料の共有閲覧機能などを備えたシステムのことを呼ぶ。
Web会議では、パソコンに簡易カメラやマイクを設置し利用することが一般的となっており、少人数や個人でも利用されることが多くなっている。
通常のインターネット回線を用いて行う場合が多く、映像の画質は低画質の場合が多くなっている。
企業の他拠点化や世界進出が進み、テレビ会議やWeb会議システムの利用シーンが増えている。
電話でのコミュニケーションでも、意思疎通は可能であるが、顔を合わせて話すことは、相手の表情が伝わりやすい。
このテレビ会議やWeb会議システムの導入にはいくつかのメリットがあり、多くの企業などで導入するトレンドとなっている。
まずは、離れた拠点の人同士が同じ場所に集まることなく、顔を合わすことができるという点でメリットがある。
これらのテレビ会議やWeb会議システムが無い場合には、顔を合わせるためには、現地に行かなければならず、出張費などの費用が掛かる。
しかし、これらのシステムを使うことで、手軽に顔を合わせての打ち合わせが可能になる。
また、Web会議システムでは、資料をお互いに見ながら話ができるため、話を進めやすいというメリットもある。

違い

モニターと女性

離れたところにあるメンバーで打ち合わせをしたり、調整を行ったりすることができるのがWeb会議システムです。
このWeb会議のシステムには、音声や映像による通話、チャットや掲示板などのツールが含まれています。
これらの機能を活用するのにWebブラウザが使用されるため、Web会議システムと呼ばれています。
以前から普及しているものにテレビ会議のシステムがありますが、使用する目的が全く違っています。
テレビ会議は解像度の高い映像と音声によって、お互いの表情をまるで目の前にいるかのように再現することです。
その一方でWeb会議システムは、プロジェクトを進めていくために必要なデータ等を共有し、遠隔地にいるメンバーでも効率よくプロジェクトを進行するためのものとなります。
頻繁に更新される図面などのデータをメールで送るよりもはるかに確実に共有し、プロジェクトを進行させることができます。
テレビ会議システムでは、会議室などに集まって行う必要がありますが、Web会議では、各自のPCのブラウザ経由で行うため、はるかに自由度の高いツールとなります。
極端なことを言えば、ネットに繋がっていればカフェでも自宅でも参加し、作業を進めることも可能です。
これはテレビ会議ではできない部分となります。
このWeb会議システムによって、世界中にいるエンジニアや技術者などを一箇所に集めなくてもプロジェクトを進行できるので、グローバル展開している企業などでワールドワイドにプロジェクトを行う場合などは特にプロジェクトのスムーズなな進行に役立てることができます。
ちょっとした変更点をいちいちメールで送るなどをしていればミスにもつながりますし、ミーティングなどでテレビ会議を使うために部屋を移動するなどといったムダを省くこともできます。
このようにテレビ会議にはない特徴とメリットがWeb会議システムにはあります。
テレビ会議とWeb会議の特徴を理解して適切に使うことによって、離れた部署や場所にいるメンバー同士でも、確実にプロジェクトを進行する助けにすることができます。